スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作を読め?


三銃士ってありますよね。

「一人は皆のために 皆は一人の為に」

この言葉は有名だと思います。

私がこの話について知っているのは
この言葉と、3人の銃士とその見習いとの
友情のお話・・・なのか?

と、いうくらいで 目的も落ちも知りませんでした。


で、先週くらいだったか
深夜に新・三銃士という人形劇が
何話も連続放送されていたので つい見てしまったのですが・・・。
(舞踏会までに首飾りを取り戻さないと、という件まで)

うーん・・・
人形劇という事で
脚色されているからなのか、
「新」と付いているからなのか、
今の所 どうも 良い話とは思えない(´Д`;)

児童書にも ちらほらあるような物語だから
そんなに変な内容ではないと思うんだけどなぁ。


原作と人形劇と 両方知っているどなたか!
その辺、教えてください(笑


しかし この番組のオープニングが 良い具合に怖いw

人形のデザインが もう既に怖いんだけど
演出が 何か モンスターを相手に戦う・・・
いや、もうモンスター同士の戦いみたいに見えるよ(笑

それとも・・・

当時、王宮の中は人の皮を被ったモンスターだらけ、

という事か・・・(((゚Д゚)))

  

コメント

 メッセージBOXにメッセージをいただきつつもなかなかお返事もせずにすみません。他のことにかまけたりしてわたしもなかなか砂漠の街に行けなかったのでどうぞお気になさらず。

 さて、三銃士。
 NHKで三銃士といえばアニメーションの方が印象深いです(が、話の筋はほとんど覚えていないという……)。そして、人形劇三銃士は三谷幸喜さんが脚本(残念ながら三谷さんの歴史物はあまり好きでは……)。佐藤賢一さんが脚本書いていたらなぁ……と思わずにはいられません(「二人のガスコン」という作品でダルタニャンを登場させています)。

 NHKのサイトにある人形劇のあらすじと、三銃士ファンクラブで紹介されているあらすじを斜め読みで見比べてみましたがそこまで逸脱しているわけではないような。。
 斜め読みなので、見落としもあるかと思いますが……

いやぁ。。。

こちらこそ 早とちりしていたようで すみません。
結構後になって勘違いしていた事に気付いたのですが
どうしようかと 思っているうちに。。。orz

>そこまで逸脱
一応あらすじで検索かけてみたのですよ。
確かに 大筋では大した違いはないようなのですが、
結構無理のある展開があったので
もしかしたら原作は違うんじゃないかなぁと。
(人形劇って子供向けだから
そんなに酷い事はしないと思っていたんですが・・・)

でも原作を読み始められるほど興味も出ていないし。。。
という とんでもない理由から
こんな事を書いてしまったわけですw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。