スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマト観ちゃったよ


すぺーすばとるしっぷ ヤマト 観ました。

元ネタについての認識があやふやな私は
これで色々補完できるかな なんて思っていたのですが・・・

森雪が 仲間にぱんち繰り出してたよ。
あれ?
記憶では もっと おしとやか~な
大人しい女の人だと思っていたんだけどな?

古代進が 血気盛ん。
真面目~なカタブツだと思ってたんだけど・・・。

敵って 肌の色以外 地球人と同じじゃなかったっけ?
しかも意識共同体?


勿論、私の認識が間違っていただけかもしれませんが;



船や地球の危機(敵にとりつかれて自爆される等 1秒を争う事態)
だっていうのに 何故か うーん、うーん って考えてたり
逃げろ! やだ、残る! とか
異常に時間のかかったやり取りをしているのに
敵が攻撃を待ってくれているとか
実写なので余計におかしく感じました。

あれだけ大きな戦艦なのに
遊撃隊が数機しかいないとか
戦闘シーンも 何だかアニメっぽくてどうにも違和感が。

何年も昔の作品だけど
インディペンデンス・デイの
それの方がずっと良い印象があります。


あと これだけじゃない話なんですけど
(ガンダムとか含めて。
いや、こーゆーシーンがあるかどうかは知りませんが)
戦艦的なものが 敵に突っ込んで自爆攻撃をする場合って
近づく前に 操舵室破壊されたら 威力半減、
下手したら無駄じゃないのかなぁ?
とか思うわけですが どうなんでしょ。

観ながらね なんとなーく そう思いました。



無理に実写にしなくてもいいんじゃないかな?
と思う映画でした。


1000円で観れてよかったよorz

  

コメント

観ましたか……

 あー
 ネタとして観に行こうかどうしようか迷っておりましたよ。
 Twitterで流れた話だと、「宇宙戦艦ヤマト」と「さらば 宇宙戦艦ヤマト」を合わせて再構築してあったとか。

 思い入れのあるファンであれば、ツボとなるシーンさえきっちり作ってあればぐぐっと満足度は上がると思うのですが。例えば、真田さんの「こんなこともあろうかと」とか波動砲発射命令から発射までの一連のシーケンスとかコスモタイガーや第三艦橋といったガジェット(と言っていいのかな?)の登場とか、「総統も、そうとうお人が悪い」(うろ覚え台詞)と言って粛正される幹部の人とか、デスラー総統の「久しぶりだね……ヤマトの諸君」(声:伊武雅刀)で始まる通信のシーンとか。

 最近感じるのは、日本映画に過度なCGは馴染まないなぁ……ということ。ミニチュアで作った方がよっぽど絵が馴染むような気がするのですが、はてさて。

 今度ネタとして観てきますw

うむぅ

>ツボとなるシーン
Σ(´□`;

す・・・

すみません、それ全部分からないorz

原作に対して持っているイメージとか
全部とっぱらって別物としてみたとしても
やっぱりもう少しお金掛けようよ・・・等
個人的にはちょっと あまりおすすめできない感じでした。

>日本映画に
何故なんでしょうね。私も同じように思います。
制作費が違うからなんでしょうか?


最初から覚悟してみたら
また違った感想になるかもしれませんね(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。